≪海外で働きたい方のための採用支援サイト≫東南アジアでの就職はアセアン・フォーカスへ

日系現地法人に海外転職をご希望の方のための総合サイト

アジア就職・転職サポートセンター

人材紹介10年以上の豊富な経験と実績を活かし、求職者の方にこれまでのご経験や今後のご希望などのお話しを伺い、海外での就職や転職活動を全面的にご支援します。

営業時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

東京:03-6809-1447
大阪:06-6535-8828

シンガポールで働く

シンガポールで就労するには、就労ビザ取得が必要になります。
雇用主企業からオファー(内定)を受諾後、雇用主企業が就労ビザの手続きに入ります。

就労ビザの種類

日本人の場合は、Employment Pass(EP), Personalised Employment Pass(PEP), S Passを取得することになります。
対象となる国籍者の単純労働者やメイド業務においてWork Permitがあります。

通常、雇用主企業は就労ビザが必要となる採用者に対して就労ビザの取得手続き始め、EPもしくはS passが承認となるように申請手続きを行います。

Employment Pass(EP)S Passについて

Employment Pass(EP)

  • 専門職(専門的技術)や管理職(マネジメント)向け
  • 月額給与3,600シンガポールドル以上
  • 主に大卒以上(十分な学歴保持者)

下記、Singapore Government, Ministry Of Manpower(MOM)からの抜粋


Who is eligible

The Employment Pass is for foreign professionals who:

  • Have a job offer in Singapore.
  • Work in a managerial, executive or specialised job.
  • Earn a fixed monthly salary of at least $3,600 (more experienced candidates need higher salaries).
  • Have acceptable qualifications, usually a good university degree, professional qualifications or specialist skills.

Application for an Employment Pass is open to all nationalities.


S Pass

  • マネジメントレベルでなくても可(一般職、サービス職など)
  • 月額給与2,200シンガポールドル以上(月額給与がEP要件を満たさない方)
  • 大卒、短大卒、専門卒以上
  • ​関連する職務経験

※雇用主企業が外国人雇用税を政府に支払わなければなりません。
また、雇用主企業のシンガポール人とシンガポール永住権所持者と外国人の雇用数の割合、シンガポール国に貢献(企業年数、業態、資本金など)しているなどといったことでS Passの枠に限りがあります。

下記、Singapore Government, Ministry Of Manpower(MOM)からの抜粋


Who is eligible

The S Pass is for mid-skilled foreign employees (e.g. technicians) who meet these criteria:

·     Fixed monthly salary of at least $2,200. The salary should reflect work experience. Older, more experienced applicants need higher salaries to qualify.

·     A degree or diploma. We may consider technical certificates, such as courses for qualified technicians or specialists. The certification should include at least 1 year of full-time study.

·     Years of relevant work experience.

Application for an S Pass is open to all nationalities.


就労ビザの申請の流れ

就労ビザの申請に必要な書類

  • パスポートコピー
    (残存期限6カ月以上あること)
  • 最終学歴の卒業証明証(英文)

追加書類を求められる場合

  • 成績証明書(英文、コピー可)
  • 各種証明書(TOEICHSKなどの語学力を証明するものや資格取得の証明書)
  • 前雇用主からの推薦状や在籍証明書
    (英文、コピー可)
就労ビザ承認まで

就労ビザ申請から取得まで約1週間~約1ヶ月半かかります。

シンガポール人の雇用を優先する制度を導入し始めたことから、承認される審査基準も年々厳しくなっています。
正式な審査基準は公開されていませんが、給与条件、関連する職歴、資格・技能/技術、学歴等から判断し、承認となるか否かになります。

EPS Passの取得可能性については、MOMのサイト内にある自己診断ツールで事前に確認することができます。

詳しくはこちら

シンガポールの就職情報

交通費や残業代は、月給に含まれているのが一般的です。

住宅手当・家族手当などといった手当がないことがほとんどです。
就労ビザ者は日本のような社会保険、健康保険はありません。

所得税は、給与から引かれての給与支給ではないため、前年の収入に対して確定申告を自身で申告時期に手続きしなくてはなりません。
所得額による累進税率で最高税率は22%です(2017年現在)。

求人の傾向

日系や外資系のメーカーの商社、金融、物流、IT企業などがシンガポールに進出しているため、アジアのビジネス中心拠点のリージョナルヘッドクォーターを置くなどをし、シンガポールのみならず、近隣諸国(担当により欧米諸国も任されることも)とのやり取りがあり、グローバルの業務を任されることもあります。

募集職種

メーカー、商社、金融、物流、サービス系の企業より、営業系(営業事務、セールスコーディネーター、マーケティングなど)、事務系(秘書、総務、人事、経理、貿易事務など)、カスタマーサービス(販売接客、医療機関受付、コールセンター、ホテルなど)などの募集求人があります。

募集条件

シンガポール人をはじめ、様々な国籍の外国人が働く職場環境であるため、業務において英語力を活かして活躍できる機会も多くなります。
そのため、英語スキルを求められる傾向があります。

雇用形態

正社員、契約社員となります。
試用期間は3ヶ月がほとんどです。
状況などにより6ヶ月の試用期間になることもあります。

職種・給与

1シンガポールドル=約80円(20177月時点)

  • 営業職 3,3005,000シンガポールドル
  • 事務職 3,0005,000シンガポールドル
  • カスタマーサービス 3,0004,500シンガポールドル
  • 管理職 5,0008,000シンガポールドル
賞与・待遇

賞与は、年1回支給の企業が大概です。
年末にAWSAnnual Wage Supplement)という基本給与1ヶ月分の固定賞与と業績による変動賞与(02ヶ月分)がある場合が多いです。

単身者の生活費の目安(1S$=約80円/20177月時点)
  • 家賃 S$1000(ルームシェア)
  • 光熱費 S$80(一月のトータルをシェア人数で頭割りすることが多い)
  • 通信費 S$60
  • 通勤交通費 S$80(住居と勤務地の距離によりこれ以上になることも)
  • 食費 S$600(ほぼ外食)
  • 嗜好品・美容(理髪)費 S$200(飲料、美容・化粧品など)
  • 交際費 S$200(会食など)
  • その他予備費 S$200

海外就職・転職のお問合せ

海外就職・転職サポートサイトにお越しいただき、ありがとうございます。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにて受け付けています。

海外就職・転職に関するよくあるご質問
  • 自分の方向性がはっきりと定まりません。
  • 何から始めたら良いのでしょうか?
  • 自分の経験はどの国で活かせますか?
  • シニアの方も働けますか?
  • 海外の求人案件を紹介してください。
お電話でのご相談はこちら ※営業時間 9:00~18:00(土日祝を除く)

【東京】03-6809-1447
【大阪】06-6535-8828