≪海外で働きたい方のための採用支援サイト≫東南アジアでの就職はアセアン・フォーカスへ

日系現地法人に海外転職をご希望の方のための総合サイト

アジア就職・転職サポートセンター

人材紹介10年以上の豊富な経験と実績を活かし、求職者の方にこれまでのご経験や今後のご希望などのお話しを伺い、海外での就職や転職活動を全面的にご支援します。

営業時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

東京:03-6809-1447
大阪:06-6535-8828

ベトナムで働く

こちらではベトナムの現地採用求人の雇用条件や待遇、給与相場、福利厚生やベトナムで求められている人材像やどういった経験が必要か、語学力はどれくらい必要かなどについてご紹介します。

ベトナムではどんな業界の職種の求人がある?

ベトナムは、他東南アジアの国々に比べて、経験が少ない方や英語に自信のない方でもチャレンジできる求人がたくさんあります。

親日国であり、経済成長が著しいベトナムでは、日系企業の進出が盛んになっています。

製造業・商社・物流・建設・広告・通信・金融・保険・IT・サービス業など、様々な業界での求人案件がたくさんでています。

下記にあげた代表的な職種以外にも求人案件は色々とございますので、「こんな仕事ありますか?」などお気軽に弊社までお問合せください。

営業職、カスタマーサポート

ベトナムで求人が一番多いのは、営業職とカスタマーサポートです。
あらゆる業界で求人が出ています。

経験者はもちろん、未経験者でもチャレンジ可能です。
語学力も日系企業担当の営業職であれば簡単な日常英会話ができれば応募可能なものもあり、英語に自信はないけれども仕事をしながら英語力を身につけて生きたい方にはチャンスです。

生産管理、品質管理、購買、工場管理、工場長

製造業の進出も盛んなベトナムでは、製造業経験者の求人もたくさんあります。製造業での経験者優先というものがほとんどですが、中には未経験者でも応募可能なものもあります。
語学力は、仕事内容やポジションにもよりますが、語学力不問のものからビジネス英会話力、もしくはベトナム語会話力が必要であったりと色々あります。

技術者、技術指導者、エンジニア

技術者やエンジニアはほとんどが3年から5年以上の経験が必須となります。

技術指導のポジションであれば、10年以上の経験と技術指導経験が必要の場合があります。技術指導者の場合は、ほとんどが語学力不問となっており、通訳者をつけてもらえます。

技術者やエンジニアの場合は、経験重視となるためシニア層が優遇されます。
シニア層の方にとって大変チャンスがある職種です。

IT系システムエンジニア、WEBデザイナー

IT・WEB系企業でベトナムに開発拠点を設ける企業の進出がとても盛んです。
システムエンジニアやWEBデザイナーは、3年以上の経験がある方の募集がほとんどで、未経験者の採用はほとんどありません。

プロジェクトマネージャー

案件によっては語学力不問のものもあります。
しかし、ほとんどのプロジェクトマネージャーの場合は、ベトナム人スタッフに指示を出せる程度の英語力は必要とされるケースが多いです。

人事・総務、経理、秘書、貿易事務、保険事務

人事・総務や営業事務など一般事務職のみを希望される方にとって、ベトナムでの転職は難しいと言えます。
通常、一般事務職はベトナム人スタッフが採用されます。
経理もベトナムでは、ベトナム会計基準という独特な会計基準があるため、日常の処理を行う経理スタッフはベトナム人が採用されます。
経理であれば経理課長などスタッフをとりまとめる管理職であれば採用の可能性があります。

貿易事務、営業事務、保険事務についても通常はベトナム人スタッフが採用されるため、スタッフではなく管理職であれば採用の可能性があります。
管理職で採用されるには、日本で3年から5年以上の管理職の経験が必要とされるケースがほとんどです。

秘書の場合は、秘書経験+ビジネスレベルの英語力が必要とされます。
秘書であってもクライアント対応などの対外業務は必ず含まれます。

事務職の場合は、事務職だけではなく+営業職と少し幅を広げるとベトナム転職の可能性は出てきます。

ベトナム求人の雇用条件や給与相場、待遇は?

ベトナム求人の雇用条件や給与相場、待遇などについてご説明します。
雇用条件や待遇などは企業により異なりますので、こちらではあくまでも平均的なものをご紹介します。

ベトナムの給与の相場

ベトナム現地採用の給与相場は、

  • スタッフ・メンバークラス
    gross 1,200~2,000USD
  • リーダー・マネージャークラス
    gross 2,500~3,000USD
  • 工場長・現地法人社長クラス
    gross 3,000~6,000USD 

シンガポールや香港、その他の国と比べて額面だけで見るとかなり安い印象を受けますが、物価が日本の1/4程度と言われるベトナムでは生活費が安いため、十分生活ができる金額です。
シンガポールや香港などに比べて、食費などの生活費や家賃が安いため生活水準にもよりますが、月々貯蓄をすることも可能です。

雇用形態

正社員または契約社員
企業により異なりますが、正社員採用であっても初回は1年契約を締結する場合が多いです。

試用期間

通常2ヶ月間
試用期間中の給与は、ベトナム労働法により同種の賃金の85%以上と定めており、一般的には正式雇用時給与の85%以上とする企業が多いのが現状です。

手当

企業の会社規定により異なりますが、現地採用の場合、交通費や住宅手当などは別途支給されず、すべて給与に含むとしている企業が多いです。
企業によっては、年1回日本への一時帰国用航空券の一部負担のある企業や勤続3年目から一時帰国用航空券を負担するとしている企業など条件は様々です。

賞与

通常は年1回
テト(ベトナムの旧正月)時期に給与1か月分の支給が一般的です。
ただし、会社の業績や個人の成績等によっては支給されない場合もあります。

社会保険

ベトナムにも日本と同様の社会保険・健康保険・雇用保険があります。
現在、外国人はベトナムの健康保険のみ強制加入となっていますが、2018年からは外国人もベトナム人同様、社会保険・健康保険・雇用保険への強制加入が必要となる予定です。

海外損害保険

通常、雇用主が海外傷害保険に加入します。
保険の種類にもよりますが、外資系や日系の病院でキャッシュレスで診察や治療を受けることができます。

個人事務所

日本同様、給与所得に個人所得税が課税されます。
累進課税で5~35%の税率です。

就業時間

ベトナム労働法では、最長1日8時間、週48時間と定められています。
勤務時間は8:00もしくは、8:30スタートの企業が多いです。
製造業などでは土曜日出勤している企業も多くみられます。

有給休暇

入社日から付与されます。
年間12日が付与されますが、入社初年度は月割り(1ヶ月1日)で付与される場合が多いです。

ベトナムで求められる人材とは?

ずばり!経験やスキルよりも人間力

  • コミュニケーション力
  • 臨機応変さと柔軟性
  • へこたれない心と粘り強さとチャレンジ精神
  • 強い意志と覚悟
  • 日本人としてのビジネスマナー
  • マネジメント力

ベトナムでは、経験や語学力よりも人間力が重視されます。

まだまだ発展途上のベトナムでは、ベトナム人と一緒に仕事をしていくことに対して、へこたれない強い心と忍耐力が必要です。
思い通りに進まないことは海外ではよくあり得ることです。
恐れるのではなく、柔軟性を持って対応することが求められます。

多少英語ができなくても、多少経験が足りなくても、強い意志と覚悟があれば、人間力でカバーできます!

海外就職・転職のお問合せ

海外就職・転職サポートサイトにお越しいただき、ありがとうございます。
お問合せやご相談は、お電話またはメールにて受け付けています。

海外就職・転職に関するよくあるご質問
  • 自分の方向性がはっきりと定まりません。
  • 何から始めたら良いのでしょうか?
  • 自分の経験はどの国で活かせますか?
  • シニアの方も働けますか?
  • 海外の求人案件を紹介してください。
お電話でのご相談はこちら ※営業時間 9:00~18:00(土日祝を除く)

【東京】03-6809-1447
【大阪】06-6535-8828